« かつての九龍城の日常的光景 | トップページ | SORRY ! »

2014年1月19日 (日)

李小龍さんは戦わなかった南北楼

Cimg0885_800

香港銅鑼湾の四川レストラン「南北楼」前にて。私は食べたことあります。自腹で食べたら高かったので、当時勤務していた会社の社長のおごりでたらふく食べた記憶があります。味はまあまあ。どちらかといえば、外国人向けのレストランと言ったほうがいいでしょう。実際店内は廣東語よりも英語が多く聴こえてきましたから。

あの李小龍さんの遺作「死亡遊戯」では2階から上へ格闘するのですが、それは編集上でのこと。実際は韓国の塔内の設定だそうです。

エキゾシズムな看板、外装は外国人ウケしますね。写真は私の奥さんです。

|

« かつての九龍城の日常的光景 | トップページ | SORRY ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/54747696

この記事へのトラックバック一覧です: 李小龍さんは戦わなかった南北楼:

« かつての九龍城の日常的光景 | トップページ | SORRY ! »