« 2月4日朝鮮中央テレビ「モランボン楽団・母の声公演」 | トップページ | 三月になりました。 »

2013年2月22日 (金)

豊田民主主義人民共和国

今日お仕事で豊田市へ行きました。

豊田市っていうところ、実は今まで小学校の社会見学で自動車工場を訪問した以外、高速道路や一般道で通過したくらいしかありません。それも中心部から離れてのところです。
今回、初めて中心地を通りました。すごい!豊田スタジアムのバカデカさ、バカでかい近未来デザインの道路橋。
やはり世界一、二位の自動車会社を有する都市は金の使い方がハンパじゃありません!わがY市のドームやポート・タワーなんて色あせてしまうくらいの迫力です。しかもY市の方はそんな陳腐な建造物に金をつぎ込んだために貧乏な都市になりさがってしまったのです。原因は数代前の下等な市長在任当時、彼の娘婿が勤務する建設会社に発注させたためだといわれています。ま、それはともかく道路で走っている自動車はトヨタ、ダイハツ、日野といったトヨタグループがマジョリティです。この街はどこか違う、そう感じました。特に目に付くのはトヨタグループであるトヨタ生協のスーパーマーケット、メグリアをよく見かけましたし、メグリアの葬儀場が敷地内に併設されているところもあり驚いています。ここはトヨタグループの社員及びその家族がIDカードで買い物ができるところです。便利といえば便利ですが、実は社員家族が何を購入したのかトヨタが把握できるそうです。ちょっと怖いです。佐高誠氏の造語「社畜」そのものです。会社が社員と家族を「管理」しているのです。市内の漫画喫茶に入ったって、駐車している自動車のナンバーで誰だかわかります。ですからインターネットで会社の悪口もかけません。いわんや自宅のパソコンをや、です。「言論統制」されているのです。この会社、同族世襲制です。どこぞのカツアゲ国家と同じです。あきおぼっちゃまは個人的には好きですが・・・。社員は何も考えなくていいのです。会社がそこそこのお給料を払ってくれるので言われたことをすればいいだけなのです。トヨタの病院で生まれ、豊田市内の学校へ行き、トヨタグループで働き、上司が紹介してくれる女性と結婚、あるいは自分と身の丈が合った女性と結婚、トヨタホームで家を建て、退職してOBがいるサークルで余生を過ごし、トヨタの病院で死んだら、メグリアの葬儀場で葬式をあげてもらい、トヨタが提供するお墓に入って終了です。
トヨタの会議ではトップが決めたら「満場一致」で即刻可決するそうです。かつての話ですがト豊田スタジアムでトヨタグループの運動会がありました。そこへトヨタの会長も出席。入場行進の際、「かしらー右!」といって選手たちは会長に一礼をしたそうです。
北も日本もさすがは世襲制!わが国の現総理大臣だって同じです。おじいちゃんも総理大臣でした。シンゾーくんは小学校から私立の"三菱学園"です。私も小学校から私立ですから人のこといえないか・・・・。お嫁さんはお菓子屋さんの令嬢です。そんな人間に庶民の気持ちがわかるのでしょうか?しかも危険なベクトルへ向かっていくようで怖いです。豊田市へ行ってそう感じました。

|

« 2月4日朝鮮中央テレビ「モランボン楽団・母の声公演」 | トップページ | 三月になりました。 »

コメント

トヨタの系列工場ではトラックが行列で納入待ちをしています。いまは寒いのでアイドリングをかけて暖房をきかせています。「カンバン」方式のため、会社の指定する時間に部品を納入するためです。時間に遅れたら取引停止、死活問題になります。地球にやさしい自動車(プリウス)を作っている会社が地球をいじめているのです。

投稿: PMイースタン | 2013年2月24日 (日) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/49609806

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田民主主義人民共和国:

« 2月4日朝鮮中央テレビ「モランボン楽団・母の声公演」 | トップページ | 三月になりました。 »