« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

モランボン楽団サウンドの秘密 (モランボン楽団ファンクラブ)

世界中に注目されている、北の美女楽団・モランボン楽団について今回も述べます。

まず、ホーム・グランドは平壌市の人民劇場です。ここはジョンウン君のおじいちゃん生誕100年を記念してつくられたところです。

楽団のモランボンというネーミングは特別の意味合いがあり、特に重要なものにつけられるので、秋元康氏同様プロデューサーの立場であるジョンウン君は気合を入れてこの楽団を設立したと思います。音楽大学卒のエリートで演奏が巧く、思想的にも問題なし、そして美貌が良い女子を選んだのは言うまでもありません。

Cimg0761_800_2

↑ 労働新聞でもトップで報道されるくらいです!

コンサート・マスターはソンウ(鮮于)ヒャンヒ女史、朝鮮半島ではちょっと珍しい苗字ですが、彼女がリーダーであり、リード・ヴァイオリン奏者であります。

20120711021146_0_2

7月6日のデビュー公演、7月27日の「戦勝」記念日公演には外国曲が演奏され、話題になりましたが、拙ブログが最初に指摘しましたが、そのほとんどがPAUL MAURIATさんの編曲をそのまま演奏したものです。また、北の曲についても、PAUL MAURIAT調がほとんどで、1960年代のBer Airレーベル時代からの影響を受けているものも多く、ジョンウン君夫妻はきっとPAUL MAURIATオタクだと思います。他にもRICHARD CLAYDERMAN「星のセレナーデ」を演奏。おそらく中国に留学経験のある奥さん李雪主女史がファンだったと思います。本人による演奏を聴きに行くのは困難のため、モランボン楽団にソックリそのまま演奏させたのだと思います。平壌駅前の大型スクリーンでは毎日夜までモランボン楽団の公演の映像を流しているそうです!

そこで7月6日、7月27日の2回公演で演奏した外国曲で参考にしたCDをご紹介しましょう!

Cimg0754_800

↑フランス盤。「薔薇色のメヌエット」はここからのを参考にして演奏。

Cimg0755_800

↑フランス盤。「マイウェイ」はここから参考にして演奏。

Cimg0756_800

 ↑ ドイツプレス/フランス盤。「チゴイネルワイゼン」はここから参考にして演奏。

Cimg0757_800

↑ スペイン盤。「チャルダッシュ」はここから参考にして演奏。

Cimg0760_800

↑ フランス盤。「シバの女王」はここから参考にして演奏。

* 参考文献: 朝鮮音楽 李喆雨・著/レインボー出版

それ以外は私が調べました。

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

RAYMOND LEFEVRE "茉莉花"

Cimg0678_800

Cimg0679_800

フランスを代表する音楽家、レイモン・ルフェーヴルさんのオーケストラ、Raymond Lefevre et son grand orchestra は台湾向けにレコーディングした曲があります。中国民謡「茉莉花(ジャスミンの花)」です。この曲は中国語圏のスタンダード曲で、日本の「さくら」みたいな存在です。(言いきってしまうゾ!)

エレキピアノがアクセントとして使用され印象深いイメージです。キーボード担当はベルナール・アルカディオさんだと思います。フュージョンっぽい編曲が都会っぽいですね。これ一曲だけではまずいのでマキシアルバムとして体裁を保つためにフリオ・イグレシアス氏のカバー曲を収録していますので、ちょっと違和感があります。

* Raymond Lefevre  "茉莉花" / Barclay BL 11.011(TAIWAN)

PMイースタンから皆さんへお願い。

いろんなインターネット掲示板へ当ブログのリンクを貼るのをご遠慮くださるようお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

今月のASIANA航空機内誌2012年11月号

Cimg0673_800

今月のASIANA航空(韓亞航空)機内誌は香港のワイン事情を紹介!ちょっと面白いです!

Cimg0675_800 

Cimg0676_800

Cimg0677_800

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

Cityliving紙は海外OL事情特集!

大都市の主要オフィスへ毎週無料配布されているのOL新聞「シティリビング」、今週号は世界各都市のOL事情を紹介されています。アジアではシンガポールが興味深いです。ソウル、台北、上海、香港が紹介されなかったのが惜しいですね!

Cimg0661_800

Cimg0662_800_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

APITA名古屋機場 今年の聖誕装飾

Cimg0666_800

今日は午後、仕事の合間にAPITA名古屋機場(旧國際線)へ行ってきました。

今年もクリスマスの飾りがありました。

Cimg0665_800

Cimg0664_800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

華航(China Airlines)機内誌"DYNASTY"2012年11月号

Cimg0625_800

Cimg0626_800

今月も麺線を特集しております。きっと醤油ベースの味なんでしょうね。

| | コメント (0)

2012年11月 3日 (土)

ポール・モーリアさん6周忌

本日、ポール・モーリアさん6周忌です。早いもので6年がたちました。

毎年ご覧になる前のお約束です。

このブログに出ているCDはお譲りできませんし、コピーできません。あしからず。

まずは一発目から。

Cimg9556_800_2

↑ ↓ 中国盤CD。変わった写真を使用しているのがGOOD!

Cimg9557_800

Cimg9578_800_4

↑ 中国大陸盤「小鳥と子供」。もちろん正規盤。海外市場では1万5000円以上の価格!世界中のPMマニアでは超有名な、ピーターが最近中国駐在の時に買ってくれました。

Cimg0514_800

↑ 成龍(J.Chan)氏へも楽曲を提供。「薔薇色の瞳」。

Cimg0083_800

↑ 今年の目玉コレクションはPMのマネージャー、Valentin Coupeou 氏のヴォーカル・マキシアルバム。プロデューサーはもちろんPM!

Cimg0358_800

↑ 超稀少高音質 中国大陸ユニバーサル盤、中国でもポニーキャニオンが手を引いたため、PMのリリースは古巣のユニバーサルからになります。ジョンウンくんの愛聴盤。

Cimg9562_800

↑↓ PMファンでもある森村誠一氏の推理小説。ステレオ殺人事件ではPMの音楽が鍵となります。PMはアンサーとして森村氏原作の映画「人間の証明」のテーマ曲をレコーディング。

Cimg9566_800

↓ 番外編。PMの楽団メンバーで2005年、2009年指揮者だったJean Jacques Justafre氏がリーダーをつとめるPMトリビュートの中国公演厚紙広告。年跨ぎ演奏会。厚紙広告の裏はPAUL MAURIAT楽団の写真挿入。Cimg0511_800_2

Cimg0512_800

↓PMトリビュートの中国公演のチケット。

Cimg9752_800

↓PMの古巣、マルセル・ビアンキ楽団のアルバム。ハワイアン

Cimg9824_800

↓ これがPMとのコラボLP。マスターテープ紛失のため、CD化は困難。

Cimg9860_800

Cimg9858_800

↑ PM作曲、レア。しかし高橋キヨシ氏って誰?

↓ 10月15日にイレーヌ・モーリアさん(PM夫人)からお手紙をいただきました!

Cimg0490_800 

お元気そうで何よりです!

Cimg0609_800_2

↑ ダリダ女史のアルバム。編曲にギイ・モッタ氏。そう、初期のPMのブレーンだった方です。

Cimg0607_800

↑↓ 昨年の朝日新聞。ポール・モーリアさんの取材記事。

Cimg0608_800

Cimg0614_800

↑ 名古屋にある東海ラジオ放送。かつて毎週「ポール・モーリアの世界」というPMが出演していた番組を製作。日本公演の合間やフランスのPMの自宅までおしかけてインタビューしていた伝説の番組。

| | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

2012年11月になりました。

Cimg0603_800

Cimg0604_800

毎年恒例の11月3日のブログにご注目を!

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »