« 香港・銅鑼湾波斯富街(PERCIVAL STREET) | トップページ | 2011年2月5日の翡翠台「香港早晨」 »

2011年2月 2日 (水)

九龍城グルメに匹敵!津のカレー焼き。

今日は奥さんが自動車運転免許更新で津市の運転免許センターへ行くため、運転手になりました。朝8時22分に家を出て、10時に間に合うかな~、という感じでした。最近、鈴鹿市と津市は各町村合併のため、隣接しましたが、実際の距離は変わらず、です。ま、なんとか間に合いました。
帰りに津名物の「天むす」「カレー焼き」を買い、自動車の中でほおばりました。「おいしーい~♪」と、「ケンミンショー」の京一郎になりきった気分であります。なんか、香港で買い食いしている感覚に似ています。これを食わずして死ねるか!という感じで、自殺をしようとしている人に食べさせてやりたい気持ちです。 「天むす」といえば「めいふつ天むす・千寿」が発祥。名古屋から有名になったのは実は"のれんわけ"したお弟子さんの店。百貨店や主要駅で売られているのはフランチャイズ店。やはり本家は違います!「さXXや」さんの隠れた名物「カレー焼き」は細長い生地にカレーが入っています。アツアツのを食べるともう至福!一個120円。津市民しか知らないB級グルメですよ。どら焼きの中にカレーが入ってるような感じです。実際は注文を受けてから作るスタイルで10-15分は待たされます。が、作りおきでないところが嬉しいですし、一個のボリュームも並みの大きさではないので満腹感もあります。店内はまるで香港の安茶餐庁!カレー焼きを作っている匂いがまるで九龍城のフーバーケーキショップにいるようです。実際、九龍城にお店を構えても成功すると思います。あまり宣伝してほしくないとのことなので店名は伏字にしました。我々としてもそのほうがいいです。店主はひげをはやし、愛想よく黙々と作り、奥さんがオーダーを訊きます。11時35分ころ、とつぜん店主が妙な行動に。なんとラジオをつけました。11時40分の「テレフォン人生相談」を聴くためみたいです。ウン、この店主は私と波長が合いそうだ。この店は信用できる、そう思いました。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

津市に住んでいるA学園中学校同級生のヒロヤ、この店知っていた?津市の高校にお互い通っていたミスターNよ、食べたことあったかい?

Cimg3226_800

Cimg3239_800

↑ 千寿の「めいふつ・天むす」。

Cimg3222_800

↑ さXXやの「カレー焼き」。

Cimg3223_800

↑ さXXやの「つぶあん焼き」。市井のどらやきとは味、質が違います!

|

« 香港・銅鑼湾波斯富街(PERCIVAL STREET) | トップページ | 2011年2月5日の翡翠台「香港早晨」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/38713787

この記事へのトラックバック一覧です: 九龍城グルメに匹敵!津のカレー焼き。:

« 香港・銅鑼湾波斯富街(PERCIVAL STREET) | トップページ | 2011年2月5日の翡翠台「香港早晨」 »