« PMイースタン三等兵、招集礼状により出征いたします! | トップページ | 漢方薬臭くて喧嘩が多く地下鉄がなかった頃の廣州 ① »

2010年11月13日 (土)

香港TVBにも使用。FRANCK POURCELの業務用作品

Cimg1558_800

11月3日はPAUL MAURIATさんの命日でしたが一週間後の11月10日はそのMAURIATさんの師匠であるフランス音楽界の重鎮、FRANCK POURCELさんの命日です。今年は10周忌になります。そこで敬意を表して大師匠の作品をご紹介します。手塚治虫氏にポジションが似ているマエストロですが、世界中に影響力が大きいです。フランスのAIR FRANCEのために作曲したり、世界の航空会社でもこぞって演奏曲を採用しています。日テレ「アメリカ横断ウルトラクイズ」の一部挿入曲も実はそうでした!香港でもTVB「香港早晨」のテーマ曲(初代、現行)なんかは、まるでPOURCELさんが作曲したかのような仕上がりです!

今回ご紹介するアルバムは業務用ライブラリのCDで一般売りされていません。ドイツのこれまた名音楽家NORMAN CANDLER氏プロデュースのもと、彼のレーベルから世界の広告代理店等のみに演奏、販売したといわれており、業務用のため高額です!ホテル、百貨店、飛行機などで耳にされた方は必ずおられると思います。このCDではTVBでもバラエティやコンテスト系の番組挿入曲として使用されています。

* Franck Pourcel "Listen to the radio" /  INTERSOUND ISCD 104 (Germany)

|

« PMイースタン三等兵、招集礼状により出征いたします! | トップページ | 漢方薬臭くて喧嘩が多く地下鉄がなかった頃の廣州 ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/37659811

この記事へのトラックバック一覧です: 香港TVBにも使用。FRANCK POURCELの業務用作品:

« PMイースタン三等兵、招集礼状により出征いたします! | トップページ | 漢方薬臭くて喧嘩が多く地下鉄がなかった頃の廣州 ① »