« 「ジャッキーを訪ねて」(ソン・チャンミン ファンクラブもどうぞ!) | トップページ | ネコの嫉妬 »

2010年8月 6日 (金)

逆ナンパの話。

Cimg1713_800 Cimg1715_800

今日のXX新聞のトップ記事に「☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆という会社が新たにアジアの某国に進出する」、となっていました。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆という会社は名古屋近郊某都市に本社があり、400人の従業員がいるところです。以前、お世話になっている会社のT社長から紹介されて件の会社の社長及び専務をやっている社長の娘と名刺交換したことがあります。
おもしろいエピソードがありますのでご紹介しましょう。
名刺交換したのは、たしか2001年頃だったと思います。私は、名刺交換した相手の方にはすぐハガキで礼状を書くことにしています。これは、かつて某年の香港小姐(ミス香港)第三位の女性が私にしてくださったことから学びました。その香港小姐は3ヵ月後、香港の10大財閥へ嫁ぎました。このエピソードは拙ブログの自己コメントをごらんください。
話をもどしますと、一週間後、突然私の携帯電話へ若い女性からかかってきました。声の主はその社長の娘です。私の携帯電話番号はT社長から教えてもらったそうです。彼女いわく、「2人でお会いできないでしょうか?」(!!)
私はすでに結婚している身ですが、下心なし、商売に結べば良いと考え、「はい、喜んで!」と即答しました。
それから一週間後、某ホテルのコーヒーショップで彼女と会いました。彼女は綺麗な格好です。
『これ、お見合いなのかな?私PMイースタンとしては結婚していてもモテルかどうか試してみよう』と考えました。
彼女は「私の父親から一度PMイースタンさんと2人だけで会ってこい と言われました。」とのことです。『やっぱりか。』と心の中でつぶやく私。でも、私は結婚するまでそれくらいの規模の会社経営者や役員の娘とはしょっちゅうお見合いしていました。ただ、結婚したら跡継ぎにさせられ、自由を束縛されるのが嫌いなのでそういうところへは固辞するばかりです。
彼女とはいろんなことを話し合いました。
2時間くらいしたら疲れました。家へ帰って奥さんにも報告しましたが、奥さんは笑っていました。むしろモテてくれたほうが嬉しいとも言っておりました。その後私はグッタリと眠ってしまいました。
お見合いなんてもうしたくありません。
そういえば、むかし香港の友人の紹介で香港ねえちゃんとお見合いしたことありましたよ~。

|

« 「ジャッキーを訪ねて」(ソン・チャンミン ファンクラブもどうぞ!) | トップページ | ネコの嫉妬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ジャッキーを訪ねて」(ソン・チャンミン ファンクラブもどうぞ!) | トップページ | ネコの嫉妬 »