« わが社の「ご近所さん」 | トップページ | 近鉄名古屋線の人々。 »

2010年6月16日 (水)

飽きもせず名古屋空港エアポートウォーク。

本日小牧市の病院へ健康診断を受けに行きました。なぜ、小牧かって?私のスケジュールにとって都合が良いからです。結果は、「まず問題なし」とのことです。

ついででしたから飽きもせず名古屋空港エアポートウォークへ行きました。

Cimg1594_800 駐車場のところがかつての駐機スポットで日航、大韓、國泰(CX)、新航(SQ)などの大型機がいつも乗客を待っていました。

Cimg1593_800

このアングルから見た国際線ターミナルビルは香港やソウルなどへ出かける時しか見られなかったものです。ですから楽しい気分になれます。

Cimg1597_800 ボーディングブリッジを「非常口」として残してくれたのはありがたいです。

Cimg1595_800搭乗案内板もそのまま残してあるので旅行気分が味わえます。隣には本当に使用している国内線がありますが、来年あたりなくなりそうです。

メインテナントのAPITA食料品売り場には名古屋めしの弁当が売られてますので、まさに空弁として利用できます。また、バジルや香菜もたまに安く売られています。4階の紀伊國屋書店は、イチロー選手の出身地(ほとんど至近距離!)だけあって書籍が豊富にあり、専用のコーナーまで設けられています。もちろん、空港だけあって航空関係、CA、国内海外旅行書もよそより充実しています。

似たようなものに、香港は九龍・紅ハムの黄埔花園に船の形をした吉之島(JUSCO)がありますが、あそこはもともと造船所だった名残りだからです。黄埔花園といえば、啓徳空港があった時代は國泰航空(Cathaypacific)の空姐(CA)が多く住んでいました。そしてその啓徳空港跡地も再開発され、いずれ名古屋空港国際線のような楽しめるショッピングセンターができると思いますし期待しています!

|

« わが社の「ご近所さん」 | トップページ | 近鉄名古屋線の人々。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/35354443

この記事へのトラックバック一覧です: 飽きもせず名古屋空港エアポートウォーク。:

« わが社の「ご近所さん」 | トップページ | 近鉄名古屋線の人々。 »