« コメントありがとうございます/当ブログでは初公開のレストラン | トップページ | 香港・地下鉄と旧KCR(廣九鉄路)の資料 »

2008年11月 2日 (日)

ポール・モーリアさん2周忌 その1

お問い合わせが多かったのでこの場を借りてお答えします。音楽コラムに出ている音源についてですが、現在入手困難(不可)のものがかなりあります。インターネット・オークションでさえ手に入らないものも含まれております。また、一部CDについては、LP、CDともに状態が劣悪なものがあったため、CD化にしたりCDジャケットを複製したものがあります。Cimg4265_800

Cimg4266_800

  ご注意! 当ブログで掲載されているCDを(高額で)譲ってほしい、コピーしてほしい等のお問い合わせメール(コメント)を非常に多く(週に5-6件)いただいておりますが、著作権上お断りしております。この件についてのメール(コメント)にはお答えできません。あらかじめご了承願います。     すみません。 m(_ _)m

------------------------
明日はポール・モーリアさんが天へ行かれちょうど2年目になります。(以下PMと略します)
現在公開中の映画「20世紀少年」にもPMの代表曲"PENELOPE(エーゲ海の真珠)"が使用されています!
お待たせしました!
今年は珍しいものや私がお気に入りのLP、CDをほんの一部だけですが2日にかけてご紹介しましょう!
--------------------
Cimg4257_800
 * PMの日本向けレコーディングアルバム。右、森英恵女史デザインのジャケット。松山千春、アリス、松任谷由美(八王子・呉服屋のおばさんが歌う曲は好きではありませんが)、井上陽水などといったビッグネームの曲をカバー。やふおくでは1万くらいの値がつきます。
左、CHAGE&飛鳥のカバー集。香港台湾中国でも売れまくり。上品な弦のアレンジ。
-------------------
Cimg4263_800
 * 日本の歌手へ曲を提供。右、高田恭子女史へ伴奏も担当。左、真木ゆうこ女史(あまりヒットせず)へも曲を提供。
-------------------
Cimg4102_800
 
* 松本明子女史のためにTV番組「電波少年」向けに松村邦洋氏が企画、PMが作曲した「ネコなんだもん」。なんとネコのイラストはPMです!
--------------------
Cimg3888_800 Cimg3910_800
* オランダの美人フルート奏者BERDIEN STENBERG女史の作品。
彼女はPMに発掘され世界的に有名になりました。Le grand orchestre
de Paul Mauriatのジャパンツアーにも同行されたこともありますし、UCCコーヒーのTV-CMにもPMと共演されてましたのでご存知の方もおられることと思います。(ちなみにUCCコーヒーの若社長UさんもJC出身で例会でもお世話になりました!)
J.S.BACHの「ブランデンブルグ」と「フレンチ・ポップスカバー集」です。「フレンチ・ポップスカバー集」ではPMも演奏した曲が12曲もカバーしています!どちらも日本未発表作品。
--------------------
Cimg4116_800 * お気に入りのLP。
右上から時計まわりに。ブラジル盤の2枚組ベスト・アルバム。ブラジル盤のブラジル曲集。MIREILLE MATHIEU女史のPM伴奏フランス盤。UK盤のコンピレーション。音質はとびぬけて良いです。 
---------------------
Cimg4101_800 * 関連作品CD。
右上から時計まわりに。琴奏者のみやざきみえこ嬢のソロ作品集。彼女はLe grand orchestre de Paul Mauriatのさよなら公演のゲスト奏者でした。中のブックレットにはPMの推薦コメントが自筆で印刷されています。右下、弟子だったGILLES GAMBUS氏の独立したアルバム。音楽に師匠の面影がかなり残っています。左下はフランスのDANIEL VIDAL女史の新録音集。鬼レアな韓国盤!数百枚でプレス完了、ソウル・美都波メトロで購入。PM作曲の「カトリーヌ」が入っています。編曲、伴奏はなんと、PIERRE PORTE師匠の息子であり弟子のFREDERIC PORTE氏。左上は長い間Le grand orchestre de Paul Mauriatの日本公演で名司会者だった山崎はじめさんのシャンソンCD。アメリカのオーケストラが伴奏、まるでLe grand orchestre de Paul Mauriatみたいな演奏です(w)。山崎さんとも何度もお話をさせていただきましたが、なんだか"親戚のおじさん"みたいな雰囲気でした。
--------------------
Cimg4145_800_2   * Le grand orchestre de Paul Mauriatのポスターパネル。STEINWAY&SONSのフル・コン・ピアノを弾いているのはPMの幼馴染みJEAN BERNARDさん。ピアノ前のハープシコードはドイツ・J.C.NEUPERT社Silbermann Ⅱ、「恋はみずいろ」などを奏でます。左側にはシンセサイザーが山積みされ(ほんの少ししかうつってません)弟子のGAMBUS兄弟たちが演奏。ラテンパーカッションはブラジルの名手。ブラスセクションはフランスの名うてのジャズミュージシャン、ストリングスも交響楽団等で活躍しているクラシック畑のひとたちが多いです。
-----------------------
Cimg4146_800 Cimg4147_800
Cimg4148_800
* PM自身の「自叙伝」"UNE VIE EN BLEU"、フランス語本。かなり分厚く重いです!
「自叙伝」によると、日本の皇太子もPMの熱烈なファンだそうで、けれども残念なことに警備等の問題で演奏会へ行けずじまい、ということが書かれていました。
--------------------
 Cimg4158_800  *  この2枚のCDは激レア。左はCATERINA VALENTE女史のもので一部の編曲、伴奏を担当。彼女の最高傑作アルバムだと評されています、右のMIREILLE MATHIEU女史"MADE IN FRANCE"は2曲編曲、伴奏。ちょっと変わっているメロディーで好きです。ほかにPIERRE PORTE師匠も編曲、伴奏に参加。この2枚を5万出しても買うという方もおられるでしょう。
-------------------------
  Cimg2960_800 * PMが私に直接書いてくださったサイン。下部のサインは同行の楽団メンバー。元教師のイレーヌ夫人、元歌手のマネージャーであるヴァランタン・クーポー氏も大変フレンドリーでした!

|

« コメントありがとうございます/当ブログでは初公開のレストラン | トップページ | 香港・地下鉄と旧KCR(廣九鉄路)の資料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/24950748

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・モーリアさん2周忌 その1:

« コメントありがとうございます/当ブログでは初公開のレストラン | トップページ | 香港・地下鉄と旧KCR(廣九鉄路)の資料 »