« 大学食堂 | トップページ | ホワイトデー »

2008年3月13日 (木)

名古屋ヒルトン(希爾頓酒店)

Cimg2890_800

今日はHILTON(名古屋ヒルトンホテル)へ逝きました。大学、専門学校の卒業謝恩会らしく、ロビーでは和服姿のおねーちゃんだらけでした。w

名古屋ヒルトンといえば、料理の鉄人にも出場した、津のフレンチレストラン「パルムドール」の後藤氏、私の母校A学園の後輩もフロントで働いていたし、全日空のCAしたのち働き、のちに「名古屋嬢講座」を開設した彼女とか、私の友人Wとか輩出してます。

Cimg2891_800

3Fにある廣東レストラン「王朝」は五香粉の匂いが広がっており、まるで廣州の酒楼(廣東レストラン)にいるかのような錯覚になります。実は、ここの「王朝」、ホテルが開業して私が顧客第一号なのです!その後、毎週一回、多いときは1週間に3日連続してランチを食べに来ました。開店当時のスタッフはもうすでにいなく、マネージャーだったK氏は独立して錦3丁目にモスフード系のラーメン店オーナーになり(食べに行きました)、その店を売ってデイトレーダーになったそうですし、通称「のびたくん」も、もういない。

開店当時は普耳茶がなく、茉莉花茶(ジャスミンティー)か烏龍茶しかなかったので「普耳茶をオーダーできるようにしたほうがいいですね」と申しあげたのが私ですし、バイキングにしたらいいと提案したのも私です。

数年後のある日、奥さんと2Fのカフェテリアで軽食を食べていたら突然「PMイースタンさん!」との声が。よく見ると3F王朝のスタッフだった「ノッポ」さんで異動になったそうです。「お久しぶりですね。」とノッポさんがおっしゃいました。「PMイースタンさんが教えてくださった普耳茶、『王朝』では好評ですよ。よかったらこちらに普耳茶をお持ちしましょうか?」と粋な計らいをしてくださり、なんとこの洋食レストランに中国茶の急須と茶碗を用意してくださり、彼はニコッとウインクをしてくれました。

と、そこまではよかったのですが、奥さんの顔がヒステリックな猫のように目が釣りあがりました!「なぜスタッフの人があなたをよーくご存知なの?」と責め言葉。

「い、いや。あのですね、以前、出版社の編集者と打ち合わせでよく『王朝』を利用していたんだよ」と弁解しました。50パーセントは真実で50パーセントは・・・・以下略。

|

« 大学食堂 | トップページ | ホワイトデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学食堂 | トップページ | ホワイトデー »