« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

中国菜館「明星」の弁当

Pmeastern2006_094_800_2 Pmeastern2006_092_800

船場吉兆の腹話術取締役「頭がまっしろ」なおじさんも大阪JC出身でした・・・・!

あのおばちゃんへ、「会社更生法適用するよりも吉本興業に所属して親子で漫才をやったほうが借金返せるからええのんとちゃう?」、といらぬおせっかいを言いたくなります。

------------------------------------

今日の昼食は時間がなかったので、どうしょうと悩んでいました。(名古屋市)熱田区のほうを自動車で走っていましたので、「あ、前から気になっていた、去年オープンした中国菜館の弁当にしてみよう!」とひらめきました。その中国菜館はスーパーマーケット・UNY/APITAグループの高級版マーケットの「ラ・フーズ・コア」内にあり店名を「明星」といいます。なんでもそこのオーナー・シェフ郭氏は北京の希爾頓酒店(HILTON HOTEL)の総理長だったのがウリだそうですが、私はそういうふれこみはどうでもいいです。先入観があるとすべてが肯定的になりますから。

ならば、たとえば「船場吉兆」の料理は「すべて本物の食材を使って美味しい」とほざく勘違い成金おじさんと同じ感性になってしまうからです。

しかしながら550円で「郭さんのすぶた弁当」を買って食べたら、なんだかなつかしい味がしました。香港の下町で食べる酢豚の套餐(ランチセット)も美味しいですが、そちらはエッジが立つ味で、「明星」の方はやさしい味で口のなかがやさしさに包み込まれるような味、まさしく北京のホテルで食べた酢豚の味でした。しかも化学調味料はほとんど入ってなさそうで後味もスッキリ。大手ハンバーガーチェーン店とかで食事をすると頭痛がしますがそんなことはありませんでした。本当、食事が心を豊かにしますね。大手チェーンのハンバーガーを食べるとキレやすくなるっていうのは案外当たっているかもわかりません。そのハンバーガー屋さんでオーダーしても流れ作業でハンバーガーを作り、ポイッと投げるような作業しているものを目にしてますから食べても心に残りません、しかも不味いです!それに長時間労働しても残業手当もつけないところだから安くてもかわいそうに思います。

その点、「明星」の各ランチはお値打ちでほかほか弁当の似非中華弁当やコンビニエンスストアの添加物たっぷりメタボ弁当よりも10倍美味しいと思いました。子供にもすすめたくなりますね。

残念ながらカメラ故障のため撮影できませんでした。

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

JARRE CHINA(雅爾在中国)

Pmeastern2006_085_800 Pmeastern2006_086_800

今年60歳になるフランスの音楽家Jean-Michel Jarre氏!パワフルで若い容貌からもう還暦とは思えません。しかも近年の曲もテクノからクラブノリで若々しいです。

そのJarre氏が2004年に北京や中国の他都市で公演を行った模様をDVDでリリースされました。北京や中国国立交響楽団との共演もあって見もの(女性奏者が綺麗)ですし楽しめる内容なのに発行枚数が稀少で日本でも入荷困難でした。再生もリージョナル-9ですから一般的なプレーヤーでは不可です。北京オリンピックが開催される今年こそ大々的に売り出してほしい作品です。(たぶん無理です)

Jean-Michel Jarre"JARRE CHINA(雅爾在中国)"/Warner  Music  MT-1014(China)

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

王府井にマクドナルドがなかった頃 ①

Pmeastern2006_094_800 Pmeastern2006_092_800

いよいよ今年は北京オリンピックが開催される年です。上海万博開催後にリバウンドでバブル経済が破裂しそうな気もしますが、それまでは楽しみたいものです。で、今年は拙ブログでも積極的に北京のネタを出したいと思います。

------------------------

私達の世代ではアジア言語を学んだり文化に関心を持つ者は「変人」扱いをされました。私などは香港、中国、韓国、北朝鮮ばかりウォッチしていまして、よくひとから「あなたは在日ですか?」「そうじゃなかったら宗教関係の方ですか?」と訊かれ、「そうじゃないです!」と答えようなら「それでは共産主義者ですね!」と、結論づけられるありさまでした。当時そういった国に興味をもつのは昔そこに住んでいたオールドファンがマジョリティだった時代です。ところが今や香港や台湾はグルメ、映画好き等オタクが関心をもち、中国も普通に歴史が好きな人が行き、韓国もおばさんを筆頭とするドラマファンが行くイメージ、北朝鮮はサブ・カルチャーのオタクやジャーナリスト気取りが行くところという風に変わりました。

私が勉強したり出演させていただいたNHKテレビの「中国語講座」は当時、「同志!」とか「人民公社」といった単語が幅を利かせていた時代でしたが、いまや俳優の谷原章介氏や卓球の福原愛ちゃん、ミス日本出場者が出演する番組に変わりました。

私達は中国へは簡単に行くことができず、まずひとつの「訪中団」をこしらえなければならず、そのあと中国政府からのお許しが出て初めて行ける時代でした。ですから中国に対して不利益な人物、たとえば批判者、台湾シンパといった連中は"ペルソナ・ノングラータ(好ましからず人物)"の烙印を押され、入国拒否だったと記憶しています。

しかも行動範囲は限られていて、今の北朝鮮ツアーとほぼ同じでした。

(近日に続く)

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

ドンキ.ホーテの誘い

Pmeastern2006_094_800 Pmeastern2006_092_800

久々にドンキ.(ホーテ)に行きました。面白いですね。正直いって、バッタもんとか安物を大学の文化祭のノリで陳列しているものみたいで、これを圧縮陳列というそうです。代表格はヴィレッジ・バンガード(書店)、ダイソー(100円均一。税別)、Shop99(99円均一。税別)で、オバケ屋敷とか秘境探検のような迷路のように歩き回る店内となっています(99は除外)。ホストくずれのような人たちが着る服、靴とかも売っており、当然ここに来るひともそういったタイプが多いです。知らないうちにアダルトコーナー(DVD、大人のおもちゃ、コスプレ等)に入ってしまいましたがそこに女性が平然と商品を眺めていて唖然!こっちが恥ずかしくなってしまいました。夜中まで営業してチンピラのナイト・パーティ会場となっており、杉並区に出店した時は、あの口うるさい杉並区民(一般論です。すみません)とひと悶着あったことは納得できます。東海地区では半田市に最近出店したそうなので航空関係のおねいさんたちも休みの日はきっと覗いていると思います。

でもドンキでモノを買うのって、安くてもなんだか罪悪感を感じます。なぜでしょうね。

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

梁朝偉

Pmeastern2006_094_800_2 Pmeastern2006_092_800

劇団ひとり氏の顔を見ただけで香港の街を歩いた気分になるのは私だけでしょうか?

-----------------

もうすぐトニーレオン(梁朝偉)氏の主演映画が日本で公開されますが、ケコーウエロっぽいそうです。それにしても梁朝偉氏とか周星馳氏とか無名時代は香港TVB「430穿俊機」という子供番組に出演してたのに、こんなに大出世して信じられません。よく香港で見ていました。ちなみにその番組の主題歌はアグネス・チャン女史が歌っていたからオドロキですが。

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

Percy Faith/龍争虎門(Enter the Dragon)

Pmeastern2006_089_800 Pmeastern2006_091_800

お待たせしました!拙ブログ名物、イージーリスニングのアジア向け曲紹介のコーナー。

今年の第一回目は全世界のイージーリスニングで最もポピュラーでスタンダードなオーケストラ、Percy Faith and his orchestraです。日本でいうと明治生まれのおじいちゃんですが、演奏のセンスは洒落ていてフランスの血が入っているだけのことはあります。

LPからCDへの復刻も盛んに行われていまして、特に2枚のLPを1枚のCDに収録される2in1シリーズはありがたいです。今回ご紹介するのも"CORAZON""MY

LOVE"の2枚から構成されているCDで"CORAZON"の中にあの李小龍氏が主演した不朽の名作映画「龍争虎門(Enter the Dragon)」のカバーが入っています。もちろん、李氏の怪鳥音は入っていませんが、迫力ある演奏です。

Percy Faith "CORAZON &MY LOVE"/COL-CD--7476  USA

| | コメント (0)

今日のできごと。

Pmeastern2006_094_800 Pmeastern2006_092_800

奥さんの実家へ行きましたら彼女の妹の書きおきがありました。「今日からフィレンツェへ出かけます。帰ってくるのはいつかは未定。」との記述が。朝、彼女の母親が起きてそれを読みびっくりしたそうです。

おいおいそれくらい直接言ってあげろよ、とツッコミを入れてあげたくなります。

-------------------------------------

文化会館へ行く用事がありましたので覗いたところ、偶然高校の同級生Wが展示会をやっていました。彼は一級建築士の資格を取得し、建築事務所を開いています。

知人が成功している姿を見るのはうれしいものです。むしろ、勇気づけられます。そういえば先週スーパーマーケットで遭遇した I も高校は同じでしたので Wとは知り合いです。

香港のTVBのオーナーであるSir. Run Run Show氏は100歳。現役です。若い後妻の方逸華女史も73歳で現役。そう思うと自分はShow氏の半分すら歳が到達していないのに人生に諦観を持つのは早すぎるなと思いました。

| | コメント (0)

DANKAIパンチ

現在発売中の「DANKAIパンチ」は香港の天皇巨星のアノ方が表紙になっており特集記事もあります。アンジェラ・マオ女史のインタビューも載っています。

どうでもいいですけどあの方がトホホな話題を対談なさっております。

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

静岡

Pmeastern2006_094_800 Pmeastern2006_092_800

本日は静岡市へ逝きました。新幹線で通るだけの街の印象しかありませんでしたが今回はじめて市内を歩きました。自宅の玄関から自動車で2時間20分台の所要時間です。以前でしたら4、5時間かかったことを思えば隔世の感があります。

もっとも自宅の玄関から東京駅まで新幹線を使えば2時間30分台ですのでもう静岡や東京は通勤圏になります(笑)。

静岡は名古屋やうちのY市より南にあるにもかかわらず寒かったです。実は子供が田宮模型の本社へ行きたがっていたので連れていったのです。この模型メーカーが静岡の基幹産業ときいてビックリしました。浜松中心の自動車オートバイ、楽器のイメージが静岡県にはありますが、このプラモデルも侮れないそうです。

私、ひとりで静岡の街を徒歩でテクテク歩きましたが、名古屋と違い、交通マナーはおとなしく、街のひともおっとりしたところはわがM県の人間に似ています。

こういう県民性ですから各製品のテスト商品がこの県でモニターされるそうです。まるでモルモットみたいな気もします。(静岡県のみなさん。ごめんなさい!)

ふと思い出しましたが今回キットカットの岩塩味を買いそびれてしまいました・・・・。

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

I 君

Pmeastern2006_094_800 Pmeastern2006_092_800

今日の夕方6時に奥さんと、いつも気の利いた商品を置いている

Maxvalu

超級市場で買い物をしました。そこへ黒いトレンチコートを着た、私がリスペクトする芸人・板尾創路氏とほぼソックリの顔に金八先生風のロングヘアーの男性が買い物をしていました。「ああっ、Iだ!A学園中学校で同級生だった・・・。」と思いました。その彼は主婦の目線で鮮魚や精肉、野菜コーナーをうろうろして値段をチェックして商品を買い物かごに入れていましたが、気難しい顔でちょっと不気味で声をかけるのをやめました。奥さんもドン引きしてます。10年以上会っていなかったのですがこの変わりようは・・・・。服装はサラリーマン風ですが、ヨレヨレ、革靴もボロボロ、一寸違えば公園に住んでいる人と変わらない風貌です。この時間に主婦の目線で買い物をしている、普通なら教員だったお母さんが買い物をされているのに・・・・。

この数年に彼のとりまく環境に何かがあったことは想像つきます。

--------------------------------

I君の家は私の住んでいる隣町で父親はどこかの団体のしかるべきポジションの職位で母親は小学校の教師でした。そして弟はヤンキーだったのに京都の難関神道系大学を卒業後、関東で歯科技工士をして裕福な暮らしをしています。中学校当時の彼はA学園の生徒が皆そうであるように裕福な暮らしをして良い持ち物ばかり所有しておりました。運動神経がお世辞にもいいとはいえず、ちょっと引きこもり気味の性格なので普通ならイジメの対象になるのに、A学園の同級生は(各学年生徒数はたった90人でした。)そんな彼をやさしい目で見てハブかずに仲間に入れてました。A学園のみんなはそういうところがやさしいので好きです。かなりオタクで刑事ドラマならデータを即座に答えられましたし、実際、大学時代、彼がA学園同級生を出演させ製作した8ミリ映画も刑事ドラマでした。主役は彼、犯人は私でしかも一人二役の双子の役(とほほ・・・)、他に一部上場T陽化学の代表取締役をやっているY君、軽自動車を作っている一族の娘だったOさんとか、今思えばすごい家の子女が多く出演してました!

彼の部屋はとにかく当時でも贅沢なものを沢山所有してたので今考えてみると、こういうのが原因かもしれないです。いわゆる「甘やかされて育った」という感じです。親が子供に大きな魚を与えるのも悪くありませんが、それを釣る良い竿を与え、その釣り方を教えてあげるほうが良かったのでしょうね。人の親になった自分はそう思いました。

ウワサでは昨年彼のお母さんが亡くなられたともきいています。

ただ、私はそんなI君にかなわないことがひとつあります。食事の作法です。彼はお箸の持ち方や食事の仕方が美しいです!お箸の先を汚す場合、あまりぬれていないのには感心させられました。どんな人間にも長所がある、今でも彼を思い出すたびにそう考えさせられました。

| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

ファスト・フード・マニア(快餐迷)

Pmeastern2006_800 Pmeastern2006_097_800

本日発売、中華圏のファスト・フード(本家、パクリ、ローカル)を紹介した本です。

中国大陸、香港、台湾です。

くやしいくらいよくできた本です。

ファスト・フード・マニア(快餐迷)*VOL.1 中国台湾香港編/社会評論社・1890円

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

ただ一人の人物へ。

皆様、この項は とばしてください。
----------------------------------------
名古屋に住んでいる偽装夫婦の詐欺師さん、このブログを閲覧してくださってありがとうございます。残念ながら私の情報はここには書いてありません。
以前あなたの内縁の妻が品位を欠く言動を私になさいましたね。彼女は日ごろ上品っぽく気取っておられましたが本性が出ました。「あ・や・ま・れ!」と大声でわめかれましたが、さすがアマチュアでもコーラスをなさってる方は違うなあ、と感心しました。ここで謝罪します。ところで謝罪しますが「日帝36年」までですか?それとも「豊臣秀吉が征伐した頃」まででしょうか?

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

中国人を探せ!

本日発売の「TV Bros.」は北京特集です。巻末にありますがその中で面白かったのが「中国人を探せ」コーナー。日本人、中国人をランダムに載せて当てるというものです。「や、やられた・・・・!」

実は以前コラムニストの山口文憲氏とお食事したときにこういう話題がありました。その時に山口氏が「山口やPMイースタン君が載ってさ、いろいろな中国人を混ぜてやりたいなあ」と盛り上がったことがあります。その企画は宙ぶらりんの状態だっただけにくやしー!という気持ちがあります。

でも以前Y市の中国料理酒家「新北京」でもチラシにこういうのがありました。

「新北京」のスタッフをズラリと並べて「中国人は誰だ!」というタイトルで「中国人スタッフだと思うの人物を番号書いてお送りください。正解者は当レストランのクーポン券を差し上げます。」と、なっていました。

中国人に扮して殺されそうになった李香蘭女史以来の革命的な遊びだと思います。

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

フランシーヌの場合はあまりにも美味しそう。

                                          Pmeastern2006_094_800Pmeastern2006_092_800

奥さんと子供は実家に帰省中(と、いっても隣の市です)なので、今日は久しぶりにY駅前のイタリアン・レストラン「サン.○ルコ」さんで昼食をとりました。

でも考えてみれば今日はまだお正月。ランチメニューがあるわけないのです。

オーナー夫人も「ごめんね」とおっしゃられましたが、特別に「タンシチューのセットメニュー」を作ってくれました。顔なじみですからこういう芸当がOKですが、知らない店だったら恐ろしくてこんなこと言えません。

私以外はすべて予約済みのグループさんでした。

久々に食べた「タン・シチュー」で美味しかったです。そういえば「フランシーヌの場合は~♪」を歌っている往年のフォークシンガー女史(古いなあ。私はその頃小さかったです、という予防線をはっておきます。ちなみに某国の首領様の前で歌ったことがあるそうです。)も「サン.○ルコ」さんの「タン・シチュー」セットがお気に入りだとシニア・ソムリエの資格をもつ件の夫人がこっそり教えてくれました。このお店は以前も述べましたが開店当初からおつきあいがあります。文化人、有名人、政治家の方々も普段着の感覚で訪れています。

このレストランの良いところはそれを売り物にせず誰に対しても心地よく(一見さんは苦しいかも?)食事ができる点です。有名人のサイン色紙など飾っていないのも私は好きです。名古屋のラーメン店「萬珍軒」さんも同様です。逆に「落語家」さんの色紙を沢山飾っている、落語のテーマレストラン・「お食事処・楽」さん(名古屋市)は落語家さんのライブをやっているので、こういうのはむしろ好ましいです。一番イケないのは、店でなくそれ以外の場所でタレントとツーショットの写真やサイン色紙を飾っている店(特にラーメン店にその傾向が・・・・)がだめですね。「だから何なんだ!」というツッコミをいれたくなります。

| | コメント (0)

本日当ブログ一周年です!

Pmeastern2006_029_800 本日当ブログ一周年です!

筆不精の私ですが皆様のおかげで1年越えることができました。

本当にありがとうございます。

                  PMイースタン

※ 写真のケーキは海南島で食べたものです。別に誕生日でもなく、単にケーキが食べたかっただけです。

「[王京]園」という店の名前が海南島らしいですね。件のケーキは食べたら胃もたれしてねむれませんでした・・・。

                         

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート

昨晩はNHK-TVでウィーン・フィルのニューイヤーコンサートを見ました。ウィーナ・ワルツを久々に聴きましたがやはり本物は違いますね。

アンコールはラデツキー、大好きな曲です。観客も見えましたが東洋人の姿もあり、おそらく日本人です。が、なかには中華人民共和国と思える人もちらほらおられました。

これから日本と中国のオーディエンスの数が逆転しそうな気がします。

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

新年快樂!

新年快樂!今年は北京奥運(Olympic)開催ですから簡体字で書こうと思ったら、無理でした!

今年もよろしくお願いします。そしてこのブログも一周年を向かえようとしています!

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »