« 香港電視 3 | トップページ | 神州行/曾展強・著 »

2007年8月18日 (土)

「中国語はおもしろい」

000000000000000000000000000000000_2 昨日、書店で発見した「中国語はおもしろい」(講D社新書・740円)を立ち読みしました。

著者はA井一X三という女性です。彼女の経歴は存じており波乱万丈な人生を送っています。これから書くことは誹謗中傷ではありません、誤解なきようにお願いします。北京(第一)外国語学院(大学)の留学経験があるとのことですが、私も同じ時期第二外国語学院(大学)に留学していたので実際何かの会合でニアミスしたかもわかりません。わがルームメイト(日本人のH君)も一外から流れてきたので彼女と共通の知人ですね。

その後A井女史はジャーナリストになりカナダへ住み、"いろいろなこと"が起こり、返還前の香港に移り住みました。雑誌「90年代」や現地の新聞に中文で執筆されておられましたが「香港人にとって誤解を招くような」文章を書き、香港中から大パッシングを浴びました。

たとえば自宅に脅迫電話がかかったり、メディアから批判されたり、決定的になったのは街を歩いているときに香港人から「あいつが"日本鬼子"だ!」と罵声を浴びせられ石を投げられたとも聞いています。それで泣く泣く返還前に日本へ帰国した、或いは香港側から「もう帰ってくれ」とも言われたそうです。

それにもめげずに台湾で活動を継続されているとのことです。

悪気がなくても誤解されるのはどうかと・・・・。

「朝日」のジャーナリスト出身というのが、私にはちょっとですね・・・・・(以下略)。

|

« 香港電視 3 | トップページ | 神州行/曾展強・著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香港電視 3 | トップページ | 神州行/曾展強・著 »