« JAMES LAST作曲「金山夢」 | トップページ | 危惧すべきこと »

2007年8月26日 (日)

サン.○ルコさん

奥さんと子供は近隣S市の実家にいるので、

昼飯は私の住んでいるM県Y市の駅西、イタリアンレストランのサン.○ルコさんへ久々に行きました。

もう19年のお付き合いになります。現在は一等地にあってもあまり(わざと)目立たない店構えに

しており(夫人の妹さんが経営する画廊と同じ自社ビル!)、初めてのひとならここがレストランだとわかっても重厚な玄関に「敷居の高さ」を感じてしまうと思います。前の店はY市文化会館の向かいにあってこちらもビルの奥に入り込んでいたため目立たなかったですが、公演のために来る文化人、音楽家さんも食事にこられたようです。当時ははっきりいって「ラーメン屋さん」とか「喫茶店」に毛の生えたような内装でした。そのため移転されても私は堂々と現店舗へ入ることができるのです。

シニアソムリエでもあるH夫人も歓迎してくれました。「うちのランチは開店以来1050円。来年で開店20周年になるけど『開店20周年記念で20年前の価格でランチを提供します』なんてことできないね~」(爆笑)。

初めて行ったときは新規開店したばかりの頃。当時私はサラリーマン時代で、お昼休みに何気なくででした。お客さんは誰一人いなく閑古鳥、H夫人もやる気なさそうです。ランチセットを注文してびっくり!本物の材料を使って工夫を凝らした盛り付け、いろいろ出てきます。(明日もこようっと)で、毎日行くたびに内容が違うのです。まさに「一期一会」。そのうちに口コミでこの店の良さがわかり、固定客が増えました。

今日のランチメニューでも宝石が入っているようなミネストローネから始まり、トマトソースのパスタ、メインディッシュはポークステーキのブラウンソース、パン、フルーツのヨーグルトがけ、エスプレッソマシンでつくったコーヒー。どうです、お得でしょ?テーブルにはタバスコは置いていないし、パルチザン、もとい、パルメザンチーズも本体から削ってくれるもの。パスタにはスプーンをつけないのも上品でよろしい。

以前出たポークのローストは美味しく「香港の焼飯店で売る叉焼といい勝負だよ」と言うとオーナーシェフのHさんは「ニヤリ」と笑いました。

今夜は奥さんの弟邸の庭で野外BBQパーティーです。

|

« JAMES LAST作曲「金山夢」 | トップページ | 危惧すべきこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/7683927

この記事へのトラックバック一覧です: サン.○ルコさん:

« JAMES LAST作曲「金山夢」 | トップページ | 危惧すべきこと »