« プリごろ太。 | トップページ | 潘長江さん。 »

2007年7月22日 (日)

ラーメン缶

0000000000000000000000000000000000000000_82 0000000000000000000000000000000000000000_83

ラーメン缶が本格的に名古屋に登場しました。秋葉原と名古屋・大須で先行販売してまして、その後中区松原の交差点で販売開始なりました。

販売会社は東京ですが、企画・製造はもともと名古屋の会社が行っていますのでいわば「凱旋帰国」といった感じでしょう。

値段は300円、自動販売機から出てくる商品は適度な温かさですぐ食べることができます。フォークまでついています。

0000000000000000000000000000000000000000_84

0000000000000000000000000000000000000000_85

開けてまず、スープのにおいが出てきますがラーメンスープのにおいです。

0000000000000000000000000000000000000000_86

麺はこんにゃくでできているのが頭いいです。そしてメンマ、豚の角煮が入ってそれでいて低カロリーというのがメタボに良いです。

0000000000000000000000000000000000000000_87ネギを加えたらさらに美味いです。ただ、値段のわりに量が少ない、カップ麺の方が断然お得なのも事実です。が、エマージェンシー用なら充分です。この会社はこのたびの新潟方面の地震被災地へ救援物資として送られたそうです。このラーメンをどんな思いで食されているのか、私も麺をすすって考えました。

|

« プリごろ太。 | トップページ | 潘長江さん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/7236583

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン缶:

« プリごろ太。 | トップページ | 潘長江さん。 »