« 今月の機内誌 | トップページ | イイ話2件。 »

2007年6月 2日 (土)

釜山港へ帰れ by PAUL MAURIAT

現在香港ヒット曲第2位の「淘汰」という曲、良い曲ですね。

でもコード進行が昔のイタリアのヒット曲"ARIA"に似ているのは気のせいか?プリシラのカバー曲・衛詩が歌う「バカな女」も好きです。

過去ログも今後敷衍、訂正などしますから再閲覧もよろしくお願いします。

--------------------------------

351_800 352_800

久々の音楽コーナーです。今回はフランスのPAUL MAURIAT師匠が韓国向けにレコーディングした「釜山港へ帰れ」です。当時、オリジナルの韓国の曲はポップスっぽい感じがしましたが、このPM版のほうが演歌に近い感じがします。ただしチェンバロとラテン・パーカッションが入っているという点は新鮮で、韓国の歌謡界ではのちにこのPM版のアレンジをまねています。偉大ですね!私の記憶では日本ではこの曲は演歌の定番ですが、PM版のほうが日本よりも早かったようです。

* Le grand orchestre de Paul Mauriat "Please return to Pusan port"

Polygram DP0867 (Korea)

|

« 今月の機内誌 | トップページ | イイ話2件。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/6636066

この記事へのトラックバック一覧です: 釜山港へ帰れ by PAUL MAURIAT:

« 今月の機内誌 | トップページ | イイ話2件。 »