« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

近鉄電車

今日、仕事帰りの近鉄電車(名古屋発・急行)に乗って新発見!車内中吊り広告に「HANAKO west」と「近鉄百貨店・四日市店」(※1の広告が仲良く左右に吊られてました。これは実はすごいことなんです。たぶん「HANAKO west」(※2)の広告をはずし忘れたと推測します。本来、名古屋線の中吊り広告は名古屋及びその沿線のものでなければならないのです。たとえてみますと、(ありえないけど)香港・KCR東鉄(廣九鉄道)の車内吊り広告に「北京電視報(TVガイド)」の広告と「香港・永安百貨公司」の広告がとなり合わせしているみたいなシチュエーションでしょう。

それだけ近鉄は大阪・関西エリアと名古屋エリアを結んでいる大きな鉄道会社ということを物語っているようです。

---------------------------------

※1 近鉄百貨店・・・・・・・・・・・・・・実は日本航空の客室乗務員さんの制服は近鉄百貨店製ということはあまり知られてませんね。上戸彩ちゃんや相武紗季ちゃんもドラマや広告で近鉄百貨店製のCAの制服を着ていると身近に思えてくるのです。

※2 Hanako west ・・・・・・・・・・Hanakoは首都圏向け、Hanako westは関西圏向けの雑誌です。Hanakoは私の奥さんがよく読んでました。たまに登場する「香港特集」はまあまあの出来でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月25日 (水)

高級車に乗るということ。

今日、名古屋市内の八熊通りを自動車で運転していたときのことです。金山の名鉄/JR線を越え、41号線交差点近くのときです。後方から救急車がサイレンを鳴らして走ってきました。まっすぐ行ったところに名市大病院があるのでそちらへ向かうのでしょう。わたしはすぐ左に寄せて停車しました。ところが前のセルシオは知らん顔。交差点で救急車はもたついていました。救急車に催促されそのセルシオは左に寄りましたが。運転手のツラをみてると普通の中年のおじさんでした。(ちょっとお金のある?)ここ名古屋ではこんなことは日常です。本来、高級車に乗るということはどういうことなのか?これは高級ブランド品を身につけることも同じだといえますが、弱者に対しては優しくするということではないでしょうか?香港などでは富豪のひとはチャリティなどに積極的に参加しています。そういう人こそが高級車に似合うのですね。また、ブガッティという車は自動車会社のほうがお客に売るか売らないかきめているそうです。つまりは「お金をもっているだけじゃダメ。品性も持っている人にウチの車に乗ってほしいんだ」ということでしょうね。

セルシオ―レクサスは最近八百九十三という商売の人に人気がありよく乗られているそうです。このPMイースタンのところへも高校の卒業アルバムと間違えるほどの豪華なLSのカタログとDVD(これも車両価格に上乗せでしょう)を送ってくださるくらいだから、素性は問わないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

ガイドブックができるまで~香港本の舞台裏②

今日、韓国のテレビ放送を見ていたら、アイスクリームのCMに北朝鮮おなじみ女性アナウンサー・李女史(原稿をヒステリックな読み方をするおばさん。キャディラックに乗っているらしい)のパロディをやってました。爆笑してしまいました。しかし、そんなことやっていいの?

-------------------------------------------------

209_800_2 208_800_2

この本にかかわった頃は私はサラリーマン兼フリーライターでした。

私が「Asian Express」(※1)というラジオ番組にゲスト出演した回が放送される日、新聞のラジオ欄に私の名前が載っていました。そんなことはおかまいなしに当日の朝は友人と2人でソウルへ行きました。KAL機に乗って機内誌とか出版物を読んでましたら園田俊明(※2)の名前が出ていてビクーリ!!園田氏とは一度偶然香港で会ったことがあるのです(後年またお会いしましたが)。私が北京で一年間留学、終了後香港へ立ち寄った時です。チムシャツイの今はなき粥麺の名店「好好(HOU HOU)」で私が蝦仁炒麺(エビ入り焼きソバ)を食べていたとき、デブで薄汚いのそっとしたヒゲぼさぼさの(※3)私より年上の青年が相席したのでした。そのデブは中国語でオーダーせず「アレ、コレ」と身振り手振りでオーダーしたので店のひとは困ってました。店の人は相席していた私に仲介を求めました。そのデブは日本人ということがわかりました。食事後、私たちは意気投合して男2人で(トホホ・・・)チムシャツイのプロムナードを歩きました。その時に名刺をいただきましたが「写真家・園田俊明」と書かれていました。

----------------------------------------------

(※1)「Asian Express」・・・・・・・・・・・・・・旧ラジオたんぱの番組。私は4回分ゲスト出演してました。他に主なゲスト出演者はジャッキー・チェン氏、サミュエル・ホイ氏。それに安倍首相もかつて出演!同じ席に座ったのですね・・・。あとGat tinさん、飛山百合子女史も。私の次のゲスト出演は香港の女優・グロリア・イップ女史でした。

(※2)園田俊明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真家。女子高生を水着にして(ここまで!だから健全)写真集を出版、これが社会現象になって有名になり本業の報道写真よりこっちがメインになってしまいました。テレビ出演とか週刊プレイボーイで名前が売れました。かつて小栗香織という娘をスターにした実績があるため女子高生よりもその親が園田氏へ売り込みにきているようです。それでも園田氏いわく「山手線に乗って席に座ったらみんなサーっと逃げていく」そうです。たぶん風貌が麻原彰晃に似ているからでしょうか?

(※3)デブで薄汚いのそっとしたヒゲぼさぼさの・・・・・・・・・・・・デブ、ヒゲづら、九州出身、写真家、ホテルマンといった特徴の組み合わせに私の友人が多いです。園田氏も鹿児島出身だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

4月20日

4月20日になるとXX航空の△△課長を思い出します。XX航空の総務におられて、私が事務所を訪問するたびにコーヒーをごちそうしてくださり(オフィスコーヒーですが・・・)、会話がはずみました。△△課長の外観はちょっとサエなくてTVドラマの「ショムニ!」で森本レオ氏演じる井上課長を想起しますが、こうおっしゃってました。「実はオレ、"現場"でパーサーをやってたんだ!」(ええ!?つまり男のスッチー!)

私と下の名前が同じで、六年制一貫教育中高出身だというのも同じで海外紀行文が好きだというのもこれまた同じでした。課長が執筆されたという広報誌、機内誌も下さいました。その文の作者プロフィールを読むと「T大学卒」と書かれていてビクーリ!T大学といえば本郷にある赤門の大学のことで、私の出身中高でも上位でないと行けないところです。

そんな△△課長がある日電話をくださいました。「今度中国・天津線ができるのだけど、一番機に乗ってくれない?今回、うちの社長も乗ることになっていて空席ではマズいんですよ!チケットはこちらで手配するので。」というオファーです。もちろんNOとは言いませんでした。4月20日がその機に搭乗した記念すべき日なのです。

私の席は23Kでした。そしたらあの、労務畑出身の当時の(評判良かった)社長もこちら方向へ来られるではありませんか!なんと23Aに座られたのです!横の列で同じ番号でたまげました!

天津のテレビ放送でその晩、私たちが乗った飛行機がニュース番組に出ました。「初フライト」だったからです。もちろんそのビデオテープは持っております。

来年の4月20日もきっと△△課長のことを思い出すでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

ガイドブックができるまで~香港本の舞台裏①

今日、書店で現在発売中の「ダ・カーポ」を立ち読みしました。「TV局特集」で、TV局に勤務する若者がイラストで紹介されてました。「髪の毛ボサボサ、ショルダーバッグはブランドもの、ジャケットも欧州もの・・・・ビクーリ!!これって私の姿じゃん!恥ずかしい気分になりました・・・・。それにしても同じ格好をする人っているんですよね。

---------------------------------------

昔のことを語ったり、書いたりするのは本当は好きではありません。「昔はこうだった・・・・。」とか「昔は良かった」て言う人いるでしょ?「じゃあ、今のアンタは何なのさ?」とツッコミを入れたくなります。にもかかわらず、なぜここでこれから書くのか?

・・・・・・・・因果があっておもしろいからです!

209_800_1 208_800_1

この本、すごいです。たしかバンダイが出した本の第一号

でした!執筆、取材は、私・PMイースタン、姉貴分の飛山百合子(※1)、元局アナ・山下くに子(※2)が中心となり、私が人選をしました。香港ポストペニンシュラ・ホテル香港政府観光局が協力、漫画は当時ナンバー1だった中尊寺ゆつこ!「友情出演」として山口文憲島尾伸三ジョン・S・K・チャン(陳守強)(※3)。他に映画のコラムでも当時有名だった徳木吉春が執筆!香港本では無敵のメンバーでそれぞれが1冊の本を出してもおかしくないほどの面子です!この本のデザイン、装丁は私のアイデアで、英語のサブタイトルも私がつけました。首都圏で多く販売されましたが、それ以外ではあえて出荷を減らしたそうです。地図も私が目を光らせてまして、いってみれば音楽家がレコーディングの際、トラックダウンまで立ち会うのと同じことです。

-----------------------------------------

※1 飛山百合子・・・・・・・・・・・・・・・・・・元・全日空(ANA)の客室乗務員(CA)。現在料理研究家。私、PMイースタンの姉貴分。著作「香港の食いしん坊」(白水社・刊)を持っている香港ファンも多いです。姐さん、いつもブログを見てくれてありがとね!

※2 山下くに子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・元FM横浜アナウンサー、現在DJ、映画評論、音楽評論なんでもござれ。「ビッグコミック」に現在コラムを連載中。TVでも時折声がきけます。(くにちゃん、いつもブログみてますよ~♪)

※3 ジョン・S・K・チャン(陳守強)・・・・当時日本在住の香港人で元TVB日本特派員。現在、コーディネーターといえば辻村氏が有名ですが、かつてはジョンがほとんど支配(!)してました。テレビの「香港特集」といえば彼の名前がほとんど出ましたし、ジャッキー・チェン等の香港明星が来日されたときは通訳をされてました。香港での雑誌コラムも秀逸でした。

                                  敬称略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

周潤發氏の新作は・・・

周潤發氏がもうすぐ完成する澳門のCROWN HOTELのTV-CFに出演しています。2分間の映画仕立てで面白いです。私の奥さんがそのCFに夢中になってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

無問題!

日曜日の地震はすごかったです。

皆さんのご期待にそえず、私はこのとおり元気です。家も倒壊しておりません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

言いたい放題(工事中につき)

257_800_1 「食べ歩き香港料理大賞」(講談社)という本がでました。

そんなに目新しいものは載っていませんが蔡蘭さんのパクリみたいです。奥付にコーディネーター/XXXXと書いてあったので「なるほど」と逆に感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

呉智英先生

呉智英先生現在発売中の「月刊・紙の爆弾5月号」(鹿砦社)に呉智英先生が写真入り載っていました。 最近のお姿はあんな風になったのか、と思いました。私は一度、対談をさせていただいたことがあります。呉先生は山口文憲氏の友人ですが、私は直接コンタクトをとって実現できました。「(呉先生は)知識人だから無知だと愚弄されるぞ」「無学では会ってくれないぞ」とまわりの評判ですが、全く問題ありませんでした。主に中国、アジアの内容でしたがあまりの過激な内容なので「お蔵入り」にしており、私の書庫にカセットテープがあります。呉智英先生は評論家で、著書の文章が北海道大学の入試問題に採用されたことを自慢されておられました。あるときは中島みゆき女史とツーショットの写真が週刊誌FRIDAYに掲載されたことがあり、またあるときはTVの討論番組では木村拓哉氏らと論戦なさったり、またまたあるときは漫画「ゴーマニズム宣言」にたまに登場していました(美人秘書がいると漫画で描かれていました)。呉智英というのはペンネームで本名は新X智(さとし)という日本人です。名古屋の私立、東海中学・高校出身で大学は早稲田大学法学部卒業だそうです。少年時代は名古屋の天神山で過ごされたため、その街の話題を振ると盛り上がりました。 先生いわく、「キミがたはわかるか?民主主義というのは、『馬鹿はつねに正しい』ということなんだ」。・・・・半分わかるような気がします。いつか本のなかに収録したいと思っております。 ---------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

Re:Pierre Porte師匠

[追記]

かのRichard Clayderman氏は、かつてピエール・ポルト師匠の楽団に所属していたそうです。

紹介しましたフランス盤LPジャケット「ピアノを弾くポルト師匠」は師匠の大のお気に入りで原画はご自宅に飾っておられるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

PIERRE PORTE師匠

  アニメの「のだめカンタービレ」を毎回見ています。私も師匠と呼べる人が何人かいますが、まさに千秋とシュトレーゼマンの関係に似ています。・・・誰ですか?「PMイースタンは千秋に似ていない」、という人は?

---------------------------------------------

259_800ランスの作曲家・ピエール・ポルト師匠の音楽はシンガポールの街にマッチしていると思うのは私だけでしょうか?師匠の音楽といえばNTV「金曜261_800ロードショー」のテーマ曲や「Gメン’82」

でおなじみですよね。本国フランスではアラン・ドロンの映画音楽を作曲したり、交響楽団の指揮をやられたりムーラン・ルージュの音楽監督を務めたりの大変な方なのです!写真のLPではNEW AGEっぽいイラストですが中身の音楽はピアノ以外にエレキ・チェンバロやシンセサイザーが主旋律、金管楽器の代わりに効果的に使用され、オーケストラと一体になりドラマティックに時にはリリカルに演奏されています。このアルバムのほとんどの曲がCD化されていないのは残念でなりません。私はこれらの曲を携帯プレーヤーに入れ、オーチャードロードとかセントーサ島で聴きましたがピッタリと合い、ポルト師匠はこの街のために作曲されたのでは?と錯覚したほどです。私のお気に入りは"BUTTERFLY""CECILE ET VIRGINIE""COME BACK TO ME"です。

ピエール・ポルト師匠とは2度お会いすることができましたが、まるで幼馴染と会った様な感じでした。師匠のいろんな武勇伝とか気難しい性格は既に知っていましたが私と同じようだったのでびっくりしました。でもこんな音楽は作れません!

292_800 293_800

* "Pierre Porte et son grand orchestre"  Sonpress 2S 068 16777(France)

* "MAGIC" Carrere 67.824(France)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼肉飯(シウヨクファン)

271_800 香港では焼豚みたいなものは「焼肉(シウヨク)」と書くのでややこしいです。今回、おいしい自家製焼豚を作っている精肉店で購入、これにバルサミコ酢、ハチミツ、五香粉をなじませてから丼にのせました。

「焼肉丼」の出来上がりです。香港に近づきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真を改良しました。

257_800 「JARRE/香港」の項から昨日まで写真の縮小ができていなかったので改良しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

Re:名古屋名物「台湾ラーメン」カップ麺

毎週土日の夜8時は、ず~と昔から韓国・MBCの週末連続劇(チュマルヨンソククッ)を見ています。最近始まった「ムンヒ」は気にいってます。アジアで名を馳せたカン・スヨン女史が主役、冬ソナのユジンママ・キムヘスク女史も出演しています。今回のユジン・ママ、ちょっぴり可愛くなって、萌え~!です。

---------------------------------------

281_800_1 今日の昼食はまたこの「台湾ラーメン」のカップ麺をつくりました。

282_800 今回は以前Gat_tinさん(中国語研究ホームページは秀逸!各研究室からも評価高し)からいただいた貴州特産・乾燥ブタ肉の千切り を使用しました。これ、麻婆豆腐にも合います。もちろん香菜は絶対ハズせません!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

連載開始!香港本の舞台裏

209_800

208_800 いよいよ「香港本のできるまで」を連載します!

この本お持ちの方、おられますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋名物「台湾ラーメン」カップ麺

281_800 先日、コンビニエンスストアのサークルKとサンクスにて「台湾ラーメン」が限定販売されました。私はコンビニへはあまり行きません。値段が高いからです。せいぜいショップ99くらいかな。でも今回名古屋発祥の台湾ラーメンがカップ麺で出たというのでさっそく購入して調理してみました。見た目は四川の担担麺に似ており、食べてみると辛いです!でもドスのある味付けでどこかで食べた味だなと、記憶をたどれば、ベースは台湾の担仔麺だということがわかりました。これに香菜をトッピング(またかよ!)するとよりいっそう台湾に近づいた気分になり、テレサ・テンもあまりのカラさにあの世でないているかもわかりません。

でもまた食べたくなるので不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

日本航空機内誌2007年4月号

273_800 274_800

今月の日航機内誌「SKYWARD2007年5月号」は久々に香港が載っています。サンヒョク(パク・ヨンハ)似のあの作家の先生がレポートされております。でも、私房菜(プライベートキッチン)の「周菜」(周中オーナーシェフ)の紹介なんて、いまさらもう遅いのでは?パパイヤの冬瓜風スープは大好きですが・・・・。もうちょっとキャセイの機内誌みたいにしてほしかったです・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cathypacific(國泰航空)機内誌2007年4月号

279_800

280_800 今月のキャセイパシフィック航空の機内誌「DISCOVERY・2007年4月号」は香港のヌーベル・シノワを紹介しております。このへんが日本の雑誌記事と違い「やっぱり餅は餅屋です((by 学芸員Kさん)」。香港國際機場Terminal2の紹介記事もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

マンゴープディング・モデルチェンジ

272_800 以前ご紹介しましたマンゴー・プディングのデザインが一部変更になりました。78円という安値!で東海地区のスーパーマーケット・valourにて買いました。これは名古屋瑞穂店にてですが、店によっては値段が違いますのでご注意ください。(S友は148円だったゾ!)うちの子供はマンゴーは嫌いなのですが、このプディングは大好きなので冷蔵庫に置くや否やすぐなくなってしまいます。そこで「食べるな危険!」の紙を上に貼っておくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »