« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

JARRE/香港

244_800   久々に登場、フランス電子音楽の雄・Jean-Michel Jarre!彼が1990年代に香港・銅鑼湾(Causeway Bay)の維多利亞公園(Vivtoria Park)でコンサートを行ったライブ盤です。Jarre氏は世界各国でライブ活動を行ってますが、ここ香港でも熱狂的なファンがおり、大変盛り上がっていた状況がうかがえます。渋谷のタワレコ、HMV以上に香港のshopでは沢山の種類が売られています。このCDでは香港女性MCの廣東語によるアナウンスも少しだけ入っていてそれだけでもワクワクしてしまいます。このアナウンスも曲扱いされており"Hong Kong hostess"とクレジットされています。11分にもわたる"Fishing Junks at sunset(漁舟晩唱)"はJarre氏のフランス側ユニットと香港の中華楽器による管弦楽団のジョイントで最大の聴きどころです! 290_800

dreyfus-sony FDM 36154-2(2CD) (France)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

島尾さん。

今日の新聞報道によりますと、島尾伸三さんのお母様・島尾ミホさんがお亡くなりなったとのことです。心からご冥福をお祈りします。島尾伸三さんは山口文憲師匠につづいて彗星のごとく登場した革新的な香港本の著者でもある写真家です。私もお仕事を何回かご一緒にさせていただきました。お父様は高校の教科書に登場する島尾敏雄氏で「死の棘」が有名、映画化になったときは松坂慶子さん(!)がお母様の役を演じてました!伸三さんの奥様は潮田登久子さんで同じく写真家、娘さんは漫画家のしまおまほさんで、週刊誌の表紙にもなったり、小泉今日子女史のCDジャケットをてがけています。一度ご自宅を訪問させていただき、奥さんの手料理の香港炒麺及び香港家庭料理をごちそうになったことがあります。また、島尾さんの著作本をサイン入りでいただいたりもしましたし、私の結婚式には祝電を送っていただきました。この私のくだらないブログも読んでくださっています。近いうちに島尾伸三さんのことを書こうかな、そういえば映画でお母様を松坂慶子さんが演じてたな、と思っていたときにこの訃報でした。合掌

----------------------------------------

島尾伸三さん・・・・・・・・・・・韓国ドラマ「大長今」・医女編でチェ・パンスルと結託する医務官のおっさんに似ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

正義の味方・将軍様(?)

_247_1 こんなムック本を買いました。まるで将軍様が月光仮面とか正義の味方みたいな表紙ですね。

"北"の平壌放送でも「月光仮面」とか「タケちゃんマン」をパクッたメロディーの行進曲を流しているくらいです。それよりも拉致された人たちを帰してあげ、人民たちに安心できる暮らしをさせるのが正義の味方ですよ、将軍様!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月20日 (火)

LVJ

昨日発売のAERA 3月26日号に名古屋のルイ・ヴィトンさんが紹介されてます。スタッフがズラーっと写っておりましたが、私を可愛がってくれるKお姉さま(美人)の姿もお見受けしました。なんかちょっとうれしい気分です。

ヴィトンで思い出しましたが、以前香港では新世界酒店(8Fだっけ?)にあった支店が気に入ってました。そこでは半島酒店支店の混雑とは無関係でゆったりとお買い物ができ、おまけに購入後は別室でドリンクサービスがありまして、好きな飲み物をオーダーしてしかもハーバービューも楽しめました。さらに、沢山購入すればホテルまで配達してくれるのがうれしいですね。残念ながら現在はありません。

****************************************************************************

今日の新聞には大丸・松坂屋統合に関して大丸の奥田会長のインタビュー記事が載ってました。この方ってかつて香港大丸の社長ではなかったっけ?在香港三重県人会の会長もやっておられた記憶が・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

ザンゲ。

金曜日夜七時のTV番組「西川きよしのご縁です!」に島田珠代さんが出ていました。

そういえば昔、ある旅行雑誌に彼女が連載してまして、私が編集長に「彼女より私の方が面白いものを書けますよ!」と冗談で言いました。そしたら連載の依頼がきて、彼女の代わりに私が連載することになったわけです。島田珠代さんには何のウラミもありませんし、好きなコメディエンヌだったのに。島田さん、ごめんなさい!m(_ _)m

ちなみに、その雑誌の連載陣の中にG氏(※)も連載しており、現在、私の"会社ごっこ"の顧問になっているので運命とはわからないものです。

--------------------------------------------

※G氏・・・・・・・・元S・トラベルの社長。格安航空券を世に出した人物として有名。HISの沢田氏ではなくこちらが元祖です!沢田氏がG氏のやり方を上手くパクッたのです。そのため沢田氏はG氏には頭が上がりません。出版社・鹿砦社の役員でもあり「だからたけしは治らない」「ガス室に入れられた彰晃とたけし」「厚生省おっかけマップ」等の著者。またJALの株主でもあります。(総会屋ではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

南インド風カレー

_243_1 今日は普通のスーパーマーケットで入手できる材料を使って南インド風カレーを作ってみました。うちの近所にある、香港では「吉之島」と呼ばれる(日本ではスーパーマーケット・民主党?)超級市場集團傘下のMaxvalueで購入できました。香菜はなぜか簡単に手に入りますが、おそらく店長がこう言ったのでは?「うちの店のエリアには、食にうるさい偉大な首領・PMイースタン将軍様が住んでおられる。粗相があっては困るのでくれぐれも将軍様がお買い求めなさるようなアイテムは在庫を切らさないように!」 だったらいいのにね。

材料はにんじん、たまねぎ、じゃがいも、海老、鶏肉で、鶏肉に醤油、ワイン、しおコショウをつけておくのがPMイースタン流。これらを炒めたあと鍋に入れ15分ほどグツグツ煮ます。そのあと「スープカレーの素」を入れて出来上がり。この間約小一時間。

_245_1

奥さんいわく、「もう少しスパイスが強かったらいいのにね。」そう、日本人向けだからちょっと弱いかも。そこで香菜を少し入れるとかなり味に深みができます。トマトジュースを加えたり、ココナッツ・ミルク+蝦醤を加えた香港風にしてみても面白いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

 平民夜總會(Poorman’s Night Club)

_242_1 名古屋の某所にある、その名も「平民食堂」!って、「大衆食堂」ならまだしもあんまりだと思います・・・・・。よく見れば「ひらたみ」と読むみたいです。

これで思い出すのが香港・西營盤新填地 にあった今はなき平民夜總會(Poorman’s Night Club)ですね!昔は香港島版廟街の感じだったのですが、晩年は「観光用」に変化しました。欧米の旅行者や日本からの団体旅行客が見学に訪れ、ガイドさんが観光客に代わって露天の商店で値切りをしていたり、写真をバシャバシャ撮っていました。ある年、私は香港の女の子2人(可愛い)と屋台のテーブルで食事をしましたが、そこへ日本の団体旅行客が大挙押し寄せました。現地人のガイドさんが日本語で解説。「ここでは地元の貧しい人たちのためのナイトクラブです。レストランへ行かずにこのように屋台で食事をしています・・・・。」日本人観光客の視線、カメラは私たちの方へ向けられました。「日本人はこんなの珍しいからね。」と連れの女の子は言いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

機内誌"DISCOVERY "2007年3月号

_244 香港がベースの國泰航空公司(Cathypacific Airways)が発行する機内誌DISCOVERY2007年3月号は北京の芸術家が紹介されてます。

_246

  _247

私はOil Paintの現代画が好きです。北京の芸術家といえば、わが盟友・麻生晴一郎氏が「北京芸術村―抵抗と自由の日々」という本を出していますので興味ある方はご一読してくださいね。

http://www.mybamboo.net/html/bookaso.html

機内誌ではCX(國泰)のが好きです。日本の航空会社のは信販会社が発行するカード会員誌のような体裁であまり面白くありません。写真の撮り方、記事のレイアウトが秀逸でDISCOVERYのほうが断然良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

某航空公司

今日は定期的な用事で某空港のJ航空・事務所/オペセンへ行ってきました。職員用のエレベータに乗るやいなや、フライトを終えたばかりの女性CAが大挙乗られました。男性は私ひとり。CAオタクの方ならうらやましがられると思いますが、さすがにもう慣れたため日常の一こまみたいになりました。ただ、OJT終了したばかりのひとたちらしく、若々しい感じがしていいですね。シニヨンとかいうおだんごヘアーやおかっぱ頭の娘なんてCAならではです!事務所の中も明るい感じがしました。少しだけ「TVドラマの上戸彩タイプ」のひともおられ、それはそれで面白いと思います。休憩室などは「笑っていいとも」や「昼ドラ」がTVから流れ、どこでもいっしょですね。

最近「CA監視ファイル」などというCAの個人情報に差別的なコメントがついたものが流失してマスコミをにぎわせています。例えば、美人/男好き/ホモ説あり/右翼/ブス/バカ・・・・・・・。これっていってみれば、良い歳をした大人が「バカ、カバ、トンマ、おまえの母ちゃん出ベソ~!」といっているみたいです。けれどもそっくりそのまま、おじさんたちに返したら、真実になっているので驚きです!おつきあいしている会社なのに申し訳ないですが、最近の報道のされ方はまるで「将軍さまの国」と同じですよ!

***************************************************************************

[コメント]

天星小輪さん、いつもありがとうございます。m(_ _)m 

吉之島は、たぶん音訳だと思います。いちばん近い発音に縁起の良い字を当てはめたのでしょうか。一度、コーンヒルのお店に取材したことがありますがそのとき職員の方がそうおっしゃったようなおっしゃらなかったような・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月11日 (日)

ここでコメントさせていただきます。

コメントがなぜか書けませんのでこちらにて返答させていただきますね。

天星小輪さま、いつもあなた様のブログを拝見させていただいております。私はあなた様のように美味しくつくれません。(泣)
asian home gourmetや香菜は紀伊国屋とか成城石井、明治屋といったタイプの超級市場にはあると思いますが、たまに「日本一の超級市場連鎖店」(つまりは吉之島集團)のお店にも出てます。香菜は安定供給をされるのでしたら栽培がベストでしょうね。ちなみに私だけがこんなものを作ってますから家族からは白い目で見られてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

星州炒米(粉)

この前の水曜日、国会では民主党の芝博一議員が水道費の追求をされてました。そういえば、偶然近鉄名古屋駅で見つめあったことがありました。私は台湾JC(青年会議所)の記念金バッジをブレザーにつけていて、じーっと私を見つめておられたのがこれまた金バッジをつけておられた芝議員でした。あの方も私の隣接市の方ですね。香港でもチェーン展開をされている日本一の超級市場連鎖店創業者の父親もJCメンバーで、そのご子息が私と同じ都市のJCメンバーでかつての民主党代表だったのが因縁ぶかいです。元党代表さまはJCの集まりでもあんな感じのお方です。

*************************************************************************

_239_1 今日は久々にシンガポール風ビーフン(星州炒米粉)を作ってみました。

私はいちおう料理をつくりますよ!鶏肉、海老、ピーマン、にんじん、玉ねぎ、にんにく、しょうが、ローレルの葉、クローブを混ぜて炒めます。仕上げに香菜をトッピングしてできあがり。食べるときは「栗栖けい」氏気分で。私は、料理研究家・飛山百合子(「香港の食いしん坊」白水社・刊)の弟分なるもまだまだ修行がたりません。

_241

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

雷安娜/PAUL MAURIATの「痴情劫」

_170

_172_2 久々の音楽コーナーです!1982雷安娜女史がTVB無線電視・翡翠台のドラマ「痴情劫」の主題曲を歌い、香港でヒットしました。作曲はフランスの「PAUL MAURIAT」となっています。ドラマの内容はともかく、曲はしっとりとアジアとフランスのテイストが混じってなかなか聴きやすいですし廣東語のリズムとメロディーも合ってますね。他にも喜多郎氏が彼女のために曲を提供されています。なんとも贅沢なアルバムではあります。

翌年1983年にはPAUL MAURIAT氏自身の楽団のアルバムにセルフ・カバーされました。作曲者は「P.MAURIAT/G.GAMBUS」になっています。実は、当時弟子だったGERALD GAMUBUS氏との共作だったようです。
_173 _174_1

雷安娜 /Polydor 2427 376(Hong Kong)

Paul Mauriat/Philips811 435-1(France)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »