« はじめまして! | トップページ | The heart of Asia/Ryuichi Sakamoto »

2007年1月 4日 (木)

Jean-Michel Jarre en Chine

_001

一回目は、フランスのシンセサイザー奏者、Jean-Michel Jarre氏です。"Oxygene"で世界中にその存在を知らしめた音楽家。お父様は「ララのテーマ」(映画・ドクトルジバゴ)でおなじみの作曲家・Morris Jarre氏。このアルバムはJean-Michel 氏が80年代初めに中国でコンサートを行ったライブ盤LPです。中国では初めて西側のアーティストによる演奏会というふれこみで、現地では社会現象が起こったそうです。彼の歴代のヒット曲の他、中国向けに作曲した「漁舟晩唱」も披露され収録されています。後年、香港のシンガー、関正傑(Micheal Kwan)が中文の歌詞をつけて廣東語で唱ってました。それはともかく、すごい熱気で臨場感あふれる演奏です。CDでも出ています。

Dreyfes FDM18 110 (France)

|

« はじめまして! | トップページ | The heart of Asia/Ryuichi Sakamoto »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197022/4795123

この記事へのトラックバック一覧です: Jean-Michel Jarre en Chine:

« はじめまして! | トップページ | The heart of Asia/Ryuichi Sakamoto »